エレクトロニクスコース紹介

 電子光科学領域紹介

 研究室へのリンク

 主な進路・就職先

 受験生の皆さんへ

 学部入学・編入学情報

 大学院入試情報

 アクセス

 お問い合わせ

 コース/領域内向けのお知らせ

 基礎工学部/基礎工学研究科

 基電会(同窓会)

※は基礎工学部ホームページへ
 移動します

コース・領域紹介

トピックス

  • 【2015.11.23】岡本和馬 君 (永妻研)と鎌田祥平 君(酒井研)が、第39回応用物理学会で講演奨励賞を受賞しました。詳細は、応用物理学会ホームページに掲載されています。 http://www.jsap.or.jp/activities/award/lecture/dai39kai.html
  • 【2015.11.16】中村教授らの研究成果が、阪大からプレス発表されました。本研究内容は、Scientific Reportsにより掲載されています。
  • 【2015.11.5】豊田助教(量子エレクトロニクスグループ)の研究成果が、Natureに掲載されました。論文こちら
  • 【2015.11.5】JST先端計測 最先端研究基盤領域「要素技術タイプ」の新規開発課題として「非同期計測による高周波電界の空間分布可視化技術の開発」(チームリーダー 久武信太郎 助教)が採択されました。詳細はこちら(http://www.jst.go.jp/pr/info/info1144/index.html)。
  • 【2015.10.19】本領域において博士後期課程を修了した田渕豊博士と野口篤史博士が日本物理学会 若手奨励賞(領域1)を、Dr. Peng Weng Kung が The Leading Global Thinkers of 2014 (under the category "Healer") を それぞれ受賞しました。
    詳細は、URL=http://www.jps.or.jp/activities/awards/
    jusyosya/wakate2016.php#r1 および
    URL=http://globalthinkers.foreignpolicy.com/
    #healers/detail/peng-grimberg-lewandowski
  • 【2015.9.18】JST戦略的創造研究推進事業(CREST)の新規研究課題として、「共鳴トンネルダイオードとフォトニック結晶の融合によるテラヘルツ集積基盤技術の創成」(研究代表者 冨士田誠之 准教授)が採択されました。詳細はこちら(PDF)
  • 【2015.9.18】JST戦略的創造研究推進事業(さきがけ)の新規研究課題として、「生細胞膜分子動態を観る極限時空間分解能AFMの創成」(山下隼人 助教)が採択されました。詳細はこちら(PDF)
  • 【2015.6.1】中村研究室に渡辺 健太郎助教が着任しました。
  • 【2015.5.14】電子光科学領域 教員公募
  • 【2015.4.28】いちょう祭浜屋研究室量子エレクトロニクスグループの施設開放を行います。
  • 【2015.4.1】 中村芳明准教授が教授に昇任され,中村研究室が発足しました。
  • 【2014.12.10】酒井研究室の中村准教授らのさきがけ研究成果が、JST・阪大からプレス発表を行いました。本研究内容は、Nano Energyにより掲載されています。
  • 【2014.10.16】阿部研究室に山下隼人助教が着任されました。
  • 【2014.7.20】永妻教授らのグループの成果が、Nature Photonics に掲載されました。
  • 【2014.7.1】浜屋研究室に山田晋也助教が着任されました。
  • 過去の新着情報はこちら

研究情報


【2014.12.10】世界最小熱伝導率の結晶シリコン材料の実現ー革新的廃熱発電にむけた熱電変換材料へ。JST戦略的創造研究推進事業において、大阪大学大学院基礎工学研究科の中村芳明准教授らは、極小なナノドット結晶※1を結晶方位※2をそろえて連結した材料を形成する技術を開発しました。詳細はこちら

【2014.5.14】占部伸二教授らの研究グループは、イオントラップ中に極低温状態の3個のカルシウムイオンを三角形に配列させて、ミクロンサイズの量子回転子を作り、これを使ってトンネル粒子によるアハラノフ・ボーム効果を実証することに成功しました。 詳細はこちら

【2014.5.13】北川勝浩教授の研究グループは、試料を室温に保ったままNMR(核磁気共鳴)信号を1万倍以上大きくすることに世界で初めて成功しました。詳細はこちら

  本ページに関するお問い合わせはwww-com@ee.es.osaka-u.ac.jpへお願いします