電子光科学領域・エレクトロニクスコース

テラヘルツ

  • HOME »
  • テラヘルツ

私たちは現在,光ファイバ通信,光ディスク,照明,ディスプレイ,カメラなどで光技術を,携帯電話,無線LAN,テレビ,ラジオ,レーダなどで電波を縦横無尽に使って生活をしています.光と電波の共通する物理現象である電磁波を人類が人工的に発生させ,利用し始めてから100年あまりになりますが,光と電波の境界に位置するおよそ0.1テラヘルツから10テラヘルツの周波数の電磁波であるテラヘルツ波は,未開拓の状況です.本エレクトロニクスコースでは,光技術であるフォトニクスと電子技術であるエレクトロニクスを融合させるアプローチでテラヘルツ波の実用化を目指した研究に挑戦しています.フォトニクスに基づくテラヘルツ波送信システムを高周波エレクトロニクスを駆使して構築することで,テラヘルツ波の高い周波数という特長を活かした50 Gbpsという世界最速のエラーフリー無線通信に成功しています.また,微細周期構造フォトニック結晶と量子効果電子デバイスRTD融合の物理を解き明かしつつ,独自のテラヘルツ集積回路による高速通信や高感度センシングなどの応用を開拓しています.→永妻研究室のホームページへ

お問い合わせ・ご連絡は事務室までお願いします。 TEL 06-6850-6340 email: jimu@ee.es.osaka-u.ac.jp

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.