受験生の皆様へ

大阪大学・基礎工学部・電子物理科学科



電子物理科学科では,物理学を基礎として電子を制御する手段を作り出します。

電子物理科学科は、時代を先導する学科の一つといって過言ではありません。例えば、スマートフォンはこれがなくては生活できないとまで 言う人もいる ぐらいの存在になっていますが、電子物理科学科で学ぶこと、あるいは研究していることが基礎になっています。新たな物性理論の構築、新機能性物質の開発、 その物質を用いた新しい概念のセンサやデバイス、それらを統合したシステム、電波の有効利用につながる通信理論、アプリなどのソフトウェア、どれが欠けて もスマートフォンは存在することなかったことでしょう。その全てを対象として最先端の学問・研究をおこなっているのが、この「電子物理科学科」です。本学 科には、物性物理科学コースとエレクトロニクスコースがあり、2年次から各コースに分かれて学びます。それぞれのコースに特徴がありますが、どちらのコー スでも基礎から応用まで学ぶことになります。電子物理科学科の卒業生は幅広い分野において活躍中であり、大阪大学のモットーでもある「地域に生き、世界に 伸びる」人材を多く輩出しております。


電子物理科学科の4年間の図

卒業生の進路(準備中・近日公開)